ほぼ全てのガソリンスタンドの利用で割引されるクレジットカード

主なドライバーズプラスカードと選択可能な提携クレジット会社

ほぼ全てのガソリンスタンドのガソリンスタンドでの支払方法を工夫することで、割引のサービスを受けることがきます。

年会費は有料(1,312円)ですが、割引のためにガソリンスタンドを選ぶ必要はありません。
月間のカード利用総額(ショッピング含む)で、翌月の割引率が決定するという独自システムです。
その割引率がガソリンスタンドだけでなく、高速道路料金にも適用されるのが大きな特徴のサービスです。

お勧めのライフスタイル・タイプ

  1. 特定のガソリンスタンドを決めて生活したくない人・できない人
    <ほぼ全てのガソリンスタンドでキャッシュバックされます>
  2. 高速道路を良く利用する人
    <高速道路の利用料金も同様にキャッシュバックされます>
割引利用・ポイント獲得方法

ガソリン・飲食・ショッピングなど全ての支払いを『ドライバーズプラスカード』で支払います。
1ヶ月の利用総額で翌月のキャッシュバック率が決定されます。
最大30%のキャッシュバック率を、ガソリンスタンド・高速道路料金に適用されます。

ドライバーズプラスカードの特徴

ガソリン・軽油は最大30%のキャッシュバック

1ヶ月の『ドライバーズプラスカード』で支払い額で翌月のキャッシュバック率が決まります。
このとき、ガソリンスタンド・ガソリンスタンド以外に関係なく、ショッピング・飲食でのカード利用額も含まれます。

カード利用額に応じ、0-30%のキャッシュバック率が決まります。
100,000円の利用なら10%のキャッシュバック率です。ガソリン価格が100円/リッターなら10円/リッターのキャッシュバックです。
30,000円未満の利用なら、キャッシュバック率が0%になってしまうので、日常からカードを利用する人向けです。

高速道路も最大30%のキャッシュバック

『ドライバーズプラスカード』のもう一つの特徴として、高速道路の利用額にもキャッシュバック率が適用されます。

1ヶ月のカード利用額に応じて決まるキャッシュバック率は、高速道路の利用の際にも同率で割引されます。

ガソリンスタンド以外でのサービス

東京ディズニーランド系列の特典を利用できます。

ドライバーズプラスカードの種類

年会費の1番安いカード

JCBドライバーズプラスカード

年会費は、1,312円に設定されています。
オンライン入会の場合は、初年度の年会費が無料になります。


選べるクレジット会社

JCB となります。

特殊な提携カード

特にありません。

上位カード(ゴールドカード・プラチナカード・ブラックカード)
ドライバーズプラスゴールドカード

JCBドライバーズプラス・ゴールドカード
年会費は、10,500円に設定されています。
クレジット会社は、JCB になります。

旅行傷害保険・ショッピング保険が充実しています。
JCBのゴールドカードサービスを利用できます。

プラチナカード・ブラックカード

プラチナカード・ブラックカードは、発行されていません。 

 関連外部リンク

ドライバーズプラスカード・公式サイト

カードのサービス詳細や申し込みは、ドライバーズプラスカード


ゴールドカード特徴ガイド

多く発行されているゴールドカードから、特徴のあるカードを選び、概要から利用時のメリット・デメリットなどを分かりやすく紹介しています。年会費やサービスだけでなく、どのようなタイプの方に適しているかを念頭にサイトを構成しています。

プレミアムカード特徴ガイド

プレミアムカードと呼ばれるプラチナカード、ブラックカード、限定カードだけを重点的に紹介しています。インビテーションが必要であったり、多くの年間利用額が必要であったり、特定の会員向けであったりと、プレミアムカードへの好奇心を満たしてくれる内容になっています。